そろそろ反省しなさい 2nd

節約しながら減量を狙う、デブスアラサー女の暮らしを本人が書き綴るブログです。

今年2度目の引越し。アンド転職

こんにちは。もはや食事の事は話題にもあがらなくなってきました。

ご無沙汰しています。お元気ですか。

 

私といえば、関東の辺境の地から東北地方の南西へ引越しを完了し、新生活を始めて早2ヵ月が経とうとしています。

今は、行政機関に期限付き契約で雇用されながら、民芸品の技術を習得するために一般企業へ研修にという形で出勤し、収入を得ています。

アパートの窓を開ければ木立と一級河川、早朝には鳥のさえずり、夜は月と星空に蛙の大合唱(ここはまあ実家と変わらない)、棚田と畑と蛍と空家とじいさんばあさん。

19:00に閉店する唯一の小さなスーパーに、2キロ走るとコンビニがなんとか1件ある、自然が豊かすぎるほど豊かな人口3000人の小さな町へ移住し、毎日生きてます。

スーパーで馬刺し売ってるのには驚いて地元の飲み友達に思わず連絡してしまいました。

 

今回は、私がこの転職でかかった費用を自分へ向けて覚書として残します。

 

まず、引越しに伴い、車を買い替えました。

1日で3mとか平気で積もる豪雪地帯に引越したから。

こちとら生まれ落ちて約30年、雪なんてほぼ、感じない気候帯で生きてきた女なので、イマイチその恐ろしさを実感できないけど、いや、それがむしろ恐怖になってるというか。

とにかく、引越し先の人も、そうじゃない人も、四駆の車じゃないと死ぬ、というので4年ちょい乗った車を手放しました。

サヨナラネイキッド。ありがとうネイキッド。

そんな感じで、中古車探すの大好きな父のおかげで良さげな車を見繕う事が出来まして、頭金10万の18回ローンで買いました。

何たって一人暮らし低賃金OLだったから。30万の金額は、できれば一括キャッシュがよかった……でもできなかった。

手取り14万7千円のOL、自分一人を生かすのに精一杯だった。ボーナスも出なかったし。

 

ああ、もう前の仕事思い出すと悲しくなるからやめよう。

 

話を引越しに戻しまして、

今回の引越しは引越し業者を手配しました。今回の費用は保険代も含めて約6万円。

いわゆる荷物の相乗りで、引き取り日と荷下ろし日が別々でした。時間は選べず、日程確定は引越し予定日の2日前。引越し日のスケジュールが中々決められなくてやきもきしましたが、実際決まったのは遅い時間に引き取り予定かつ、荷下ろし予定も遅い時間。前後する可能性あり。

っていう話。

新居の鍵の引き取り時間もあるし、仕方ないから私と私の車に乗る最低限の服とタオルと洗面用具と布団、食器を持って先に出かけることに。

ちなみに、新居に入ってヘトヘトになりながらかカーテンレールがなくてカーテンつけられないまま月明かり浴びつつ寝ようとしていた瞬間に、1週間前に好きだった人に告白した返事が返ってきてフラれました。悲しみを紛らわせたくて昔好きだった人に連絡したの、どうかしてるな、って思った。反省してる。

 

……違う。今はそんな話はしていない。違う。引越しの話。

 

幸い荷物の引き取りには代理を立てられたのでお願いをして、出発しました。お母さんありがとう。書類にサインはおろか、書き慣れない住所まで書いてくれてありがとう。

引越し屋さんが受け取りのサイン取るために持ってきた書類のお母さんの字見て泣いた。リハビリ頑張ってた姿思い出してしまった。

両親が生きててくれるの、子としてこれほど幸せなことない。お父さんお母さんありがとう。

 

……また脱線してしまった。

 

さてさて、手配時の話。

採用が無事決まり、転居が確定。引越し業者を手配するのは人生初だったので、とりあえずググる

そうすると、引越し侍という比較サイトみたいなのが現れたのでそれを眺めながらWEB上で出せる一括見積もりを使って見積もり出しつつ、日通の単身者向けパックの料金プランをチラ見してました。

私一人だけの引越しなので、身軽に日通の2万円くらいのプランで済ませるつもりでいたのですが、

電子ピアノやら、クロスバイクやら、みんな持ってくんだろ?という父の静かなる圧力を感じ、今回はスマートな引越しは無理か…という事で日通のプランは断念。

引越し侍の一括見積もりで一番安かった人力引越し社という所で検討開始しました。

引越し希望日時を指定し、どんな家電や家具を送るのか、何をどれくらい送るのか、という事を、予約時にウェブ上でチェックを入れて申請、予約。という流れでした。

色々チェックを入れながら、ほぼない家具のサイズが曖昧だったり、衣装ケースと言っても形が全然違うものがあったり、この場合は…どこまでこのチェック項目のくくりにしていいの……え?は?

と、いい感じにパニックというか不安募らせ過ぎて拗れてるというか。

引越し業社の手配が始めてだということもあって、何をどの程度、の程度が分からず、電話で問い合わせをしてみたらめっちゃ可愛い声のお姉さんが丁寧かつ優しく対応してくれました……。ウェブでチェック入れた物も、そのまま口頭で伝えて、電話を切らずに正式な見積もりも出して、その場で確定。

支払い方法や、梱包用ダンボールの個数、届け日の希望も聞いてもらえて大変ありがたかったです。

ここまでだいたい引越し希望日の1ヶ月前。

実は、途中で衣装ケースが増えたのとコタツのサイズが大きくなった(予約時の確認ミス)のがあって再見積もりかなあ、と思いながら連絡してみたら、また優しく対応してくださって最初の見積もりの範囲内で変更してもらえたのは大変ありがたかったです。(2回目)

 

ちなみに今回運んでもらったのは

冷蔵庫100ℓ

洗濯機4.5kg(&排水パイプ設置)

オーブンレンジ

クロスバイク

電車ピアノ

衣装ケース×3

タツ75×75

分解したカラーボックス×4

ダンボール10個

 

多分以上。

配送距離は約350km

作業員2人

燃料費、保険含めて、6万円。

 

時間の融通は業社側、日程も当日中じゃない、などはあるけど、安いと思う。

色々下調べはしたけど、普通に業社頼んだら10万超は覚悟してたもん。

電話対応は文句なしだったけど、作業員の人も誠実に対応してくださってとってもよかった。歯がなかったけど。でもそこは関係なかった。

ただ、私が気になって見ちゃっただけで。歯がないな、って。

特に嬉しかったのが、多分料金外になっちゃう問い合わせに対してアドバイスくれたこと。施工はしないけど(多分物理的にできないからだったからかも)こうするといいよって複数アドバイスくれた事。

具体的には建物古すぎて、テレビのケーブル繋ぐプラグが昭和だったの。

理科の実験かな。って思った。ケーブルの中から銅線出して、昭和なプラグに巻きつけて固定するやつ。

お父さんに思わず写真付きで送っちゃったよね。

そしたら突然電話で配線講習会始まってまあ事なきを得ました。お父さんありがとう。

中学生以来じゃないかな、ケーブルのビニールぶちぎって銅線出したの。ちょっと楽しかった。

 

引越しはそんな感じ。

この頃ってレオパレスのアレ&引越し繁忙期で話題だったのでちょっとヒヤヒヤしましたが、GWも過ぎた頃だったからかな?スムーズでした。

ダンボールはあと2つ片付けられないまま約2ヶ月経った今も部屋と台所に佇んでいます。

衣装ケースも押入れの治安整えられてなくて片付けられてない。

スマン。

 

そのほか、入居に際して敷金の支払いが約5万ありました。

 

……こうしてみるとめちゃくちゃお金かかってない??

 

5月中、引越しに際して支払った費用

車の頭金10万

引越し業社手配6万円

敷金5万

これだけで21万

 

他にも奨学金、年金、自動車税、当面の生活費、など。

5、6月の間に30万くらいお金出ました。まじか。

引越し前後、両親には額面的にも精神的にもかなり援助してもらったので感謝しきれない。

ありがとうございます。契約期間の間に実績出して安心させたい気持ち。

……申し訳ないけど結婚とか孫とかの期待は妹弟の方へ向けてくれ…。結婚したり子育てしたりしたい気持ちはあってもこればっかりは一人じゃできない。

あと、田舎に生息するいい男はみんな妻子持ちだ。

 

そんな感じで今月はやっと今の仕事の収入で生活できるようになりました。

 

小さい町なので人付き合いが物を言う、って感覚がだんだん身にしみてきてます。

田舎ってそういうとこあるよね。古のビジネスマナー、人付き合いマナーが現役。

こわい。今までいた会社とか、お酒飲む席あったとしても上司にお酒注ぐような事なかったし……そもそも会社全体で飲む事がなかったし。

こっちきて平日平気でお酒飲む機会ぶっ込んでくr……舞い込んできたりするからね。しかもゴリッゴリに飲むから……酒どころの人々お酒強いね。ていうか飲み会が多い。楽しいのがまだ救い。

でも最近気づいたんだけど所属部署、女子がわたくししかいない。まじか。私もしかして女子じゃなかったか?と錯覚するくらいいないし、気づくと周りと同じペースで飲んでるから怖い。

……私まだお酒飲めるんだな。

 

色々書きましたが元気に生きてます。

 

不安な事もありますが、今の活動についてはまた別の機会に!

 

引越しを予定してる人への参考になったら嬉しいです。

それでは、おやすみなさい。