そろそろ反省しなさい 2nd

デブスアラサー女の暮らしを本人が書き綴るブログです。

【レポート】KAORI BAR FINCAさんで推し(創作キャラ)のイメージフレグランスを手に入れてきた

ご無沙汰しています。

前の記事から時間が空いてしまいましたが、ツイッターでは思いの丈を伝えきれないと思ったので、取り急ぎ今日の感動をしたためます。

前回の記事については、まとまり次第時空をゆがめておきます。

 

ブログタイトルから離れた内容ですが、個人的にとても素敵な体験をしてきたのでお付き合いください。

 

さて、今日は都心からかなり離れた所へ引っ越しを目前にして、東京へひょいと出かけられるうちに遊びに行こうと、友人と楽しんできました。

そして今回ご紹介するのはタイトルの通り。

東京、新宿にある KAORI BAR FINCAさん(以下、フィンカさん)へ一人で行ってきました。

いろいろあって入店まで無理をお願いしてしまったのですが、快く対応してくださった事、感謝いたします。

 

 

前々からSNSで話題になっていましたが、端的に言って最高でした。

 

ほんと、最高の一言。

 

これに尽きる。

 

気持ちが昂りすぎて店内の写真も、撮り忘れてきた。店員さんは撮ってもいいですよ、って言ってくれました。でも撮り忘れました。

外観の写真も忘れました。

次行く楽しみにしようと思います。甘い香りで満たされた、清潔感のある内装素敵です。

 

そしてオタクにやさしいお店でした。さすが、対応に慣れている雰囲気。

店員さんのファンになった。

お名前聞いておけばよかったな……。

今日担当してくれた名探偵小学生が出てくるアレの白○警部っぽい、ウェーブヘアのお兄さんと、ニッコリのお口がチャーミングだった近所に住んでそうな親しみやすいお姉さん。

今度また伺った時にご指名したい……。

 

ほかのお客さんを対応してらした店員さんもお客さんのお話をよく聞きながら丁寧に対応してる姿が印象的でした。

 

f:id:umemame8ha:20190519225239j:image

今回お迎えしたのはこの香り3点。

フィンカさんは、数ある香りの中から、好きな香り、イメージする香りを組み合わせていって思い描く香りをご自身の語彙力と店員さんの導きで作り上げていきます。

あらかじめ記入をした問診票を店員さんへ渡し、それをもとにさらに香りのイメージを明確にする為、店員さんからの質問に答えていきます。

 

これは、いわゆる”推し”の香りを作るオタクには堪らんわ。

 

ただ、結構強めに店員さんから前置きがありました。

著作権が店頭に来ている依頼者にないキャラクターや、実在する人物、二次創作にかかるものを想定した香りについては、名前を伝えたり、画像を見ながら依頼をすることは受けていないそうです※

※また、お迎えした香りのボトルや、お店の紹介等をSNSなどのウェブ上に掲載する際は、公式の画像を添付したり(たとえご自身で描いた二次創作画像でも)、文章としての記載もしないでください、とのことです※

……本来であれば言うまでもないことなのかもしれません。香りを作るのだって、公式が別であって、作者以外、権利者以外が創作をすれば二次創作です。公式でイメージ香水なども出ているご時世です。みんな混乱してしまいます。

二次創作の言葉がわかるみなさんは、この活動がいかに、ほぼ黒のグレーゾーンか、また、作者・権利者の方が寛容的になってくださっているからこそ楽しめているという事をよく理解していると思います。

絵だって二次創作と公式並べてツイートしたら炎上すりじゃないですか。

店員さんからは「語彙力」をフル活用するよう強く勧められました。

 

SNSの発信力・拡散力の大きさは今やバカにならないですが、個人でやっていることとはいえ、大人の事情でお店の方へご迷惑をおかけしてはいけません。

お店の方からも丁寧な説明をしていただけるので、しっかり聞いて、ネットで紹介する際は気を付けましょう。(自戒)

たぶん、両脇はリピーターのお客さんでしたが、推しの香りを探しにいらしていた様子でした。ですが、キャラクター名が出ていたわけでもなく、画像を見せている様子もなく、ただただ、「彼はこんな事をしそう」「こちらとこちらの組み合わせも試したい」など、たくさんの言葉と、店員さんが織りなす香りの組み合わせの対話で理想の香りを探していっている様子でした。

めちゃめちゃ楽しそうだったし女の顔だった。推しを愛する女の顔。真剣そのもの。私が順番待ちしてる間はカップルのお客さんが多くて、となりにいる恋人のイメージの香りを考えてる様子が微笑ましくて可愛らしくて幸せでした。作った香りを早速お互いに纏いあって帰る様子とか良すぎやしないか?自分の好きな人のイメージの香りが自分からするんんだぞ??うちよそ変換余裕でした。

 

ぼーっとしてたらお今回担当してくれた兄さんに声かけられて、あからさまにびっくりしてしまったよ。おはずかしや。

 

 

タイトルの通り、創作キャラで今回は香りを作ってもらいました。

 

女の子と男の子。世界線が違うっていう理由で両性存在している(ということにしてる)二人です。

説明難しい…。つまり同じキャラで男バージョンと女バージョンがいるんです。

 

初めは自分用になる事もあって、女の子の方だけお迎えする予定だったので問診票には女の子のイメージのみ書いて、質問も女の子の想定で答えてました。

でも、お話ししてる間に男の子のもほしくなってしまったのと、このキャラクターへの思いれが今異様に強くて、一人分だけか……と不平等さを感じてしまったのがたぶん行けなかった。ベースは同じ香りにして、重ねる香りを女の子用と男の子用で用意してもらいました。

 

 

まず、

「今日は推しですか?」

と聞かれ、(たぶん問診票のチェック欄にあった誰用の香りか、みたいな質問のところで”創作”の項目にチェックを入れたからだと思う)

自分自身が考えた創作キャラクターのイメージの香りを探しに来ました。と店員さんに伝えたら、

「画像ありますか」

とのお言葉が飛んできました。

 

一瞬時が止まり、脂汗が噴き出す始末。

まじか。

うろたえた。

 

確かに作者・権利者は私だ。私が公式だ。

いくら画像を提示しようが、キャラクター名を伝えようが私が公式。

そりゃそうだけど、え、恥ずかしい。

ちょろいから、スマホ取り出すまでは早かったと思うけど、もじもじしていたのを察知されてたんでしょうね。

 

すかさず例のお姉さん店員さんが

 

「見たほうが早いですから」

 

「そういうの楽しみなんです」

 

「見たくて待機してました」

 

と、と!と!!とても素敵な笑顔を向けられてしまったらもうね。

うろたえながら店員さん二人に女の子の方の絵を見せた。

やっぱ恥ずかしかった。

でも「絶対かわいいやつ」などと褒めてもらったからご満悦のわたくし。ちょろい。

そして担当のお兄さんは何やら画像を見てメモを取ってらしたよ。

しかし、探したものの、自前の画像は落書きしかなったかなしみよ。

 

そして感動したのがね、感動したのがね!!!!!

お姉さん、

「画像見た感じで組み合わせてみてもいいですか」

って。

サッサッ!って!

いい香りだった。甘さがあるけど、石鹸のような清潔感があって、だからと言って清楚過ぎず、ブリブリした女の子の様子でもなく……。女子高生・慧ちゃん(キャラ名)て感じだった。10代のフレッシュさと快活さのような。

お姉さん天才なのか……。

いや、お姉さんに限らず、お兄さんも聞き取るセンスも組み合わせるセンスも最高だったからおそらくあそこの店員さん全員天才。

 

気持ちの昂りが落ち着いたころ、お兄さんからの問診(病院か)があり(出来事がどんな順番で起こっていたか自信がない)、想定するキャラクターの性別、年齢、性格、かわいい系とキレイ系(かわいい系とかっこいい系)ならどちらか、イメージする季節、イメージする時間帯(早朝とか夕方とか)動物に例えるなら、等など。

 

その内容から、天才たちが華麗に香りを重ねていってくださるので、

依頼側はひたすら天才たちの前で香りを試し、

確信に近づきそうなときは、お店の外へでて確認し、

香りがわからなくなったらコーヒー豆のにおいをかいでリセットし、

私はさらにフリスクを食べました。

鼻が詰まってしまったらペパーミントの香りを与えてくださるそうです。

ペパーミントの香りはね、すごいよ。(年中鼻づまり女)(本日奇跡のカラッカラnose)

 

お会計は現金、クレジット各種はもちろんのこと、ICカード(スイカとか)でもできるみたい。ペイペイも使えた。

組み合わせを楽しむフレグランスショップのフィンカさん、店頭で手に入れられる一番小さいサイズは30ml¥2,000。

1つではなく、二つ以上で組み合わせるので、予算は¥4,000~を見積もっていきましょうね。

今回私はベース1つに対して重ねるパターンを2つだったので、計3つ、¥6,000でした。

ネットとか見てみると、一つの香りを楽しむのに3つ選ぶ方も見られたので、楽しみ方は本当に無限だな。なんて思いました。

(私は現金とクレジットの合わせ技で会計してもらいました)

 

ネットショップもあり、こちらでは2.5mlのお試しサイズの販売もしてくださっているようです。

ただ、実際に行ってみた私としては、香りのロジックを理解している店員さんと一緒にお話ししながら、相談しながら選べるからこそ、このお店での香り体験は完成されるのではないかと思います。

今回お迎えした香りを追加購入する際はネットショップも活用したいな、と思いました!なかなか補充のために上京できない身としてはありがたい。

 

kaoribarfinca.jp

 

以下、創作厨とうちよそ遊びをこじらせた女の自キャラ語りが始まるので見てくださる方のみお付き合いください。

 

今回私は、この二人は言葉に表すとどんな風に形容できるのだろう、っていろいろ考えていたんだけど難しいですね。

それぞれ、恋人がいるんだけど年齢も離れた大人の人で、その分彼女らは若さゆえの青さとか、未熟さが際立つ雰囲気があって、そういう雰囲気をベースにしたくて、グリーン系を希望しました。

今こうやってたどたどしいながらも言葉にできてるけど、実際お兄さんに伝えられたのは、「グリーンベースがいいです」って所だけでした。

なぜあの時この言葉が出てこなかったのか、疑問。

 

そして個々の香りについては、お兄さんに希望を伝えて以下の通り。

 

f:id:umemame8ha:20190519222421j:imagef:id:umemame8ha:20190519221724j:image

・シャイガイ(SHY GUY)湿っぽい草とラベンダーを感じる香り、しぶさあり。好き。

・プアナニ(Pua Nani)トロピカルな甘さのあるお花の香り。南国の風を感じるようなさわやかさもあり。

※お兄さんの解説と個人的な感想を述べています。

f:id:umemame8ha:20190519222554j:image

これは女の子の方の香りの組み合わせで用意してもらいました。

小さくて華奢な印象のある見た目で、無邪気さがあって幼い印象。

お相手キャラを生んでくれたフォロワーさんとはポメラニアンに例えたりしてる子。

笑顔がキラキラで(店員さんに言ってない)、明るくて、でも繊細(言ってない)で、自分に自信が持てない事も(言ってない)。

かわいいかキレイかつったらかわいい全振り。

季節は初夏、時間帯は朝と昼の間ごろ。

コテコテな甘さとか、石鹸のような清潔感ではなくて、野花とかそういう方の可憐さ・儚さ、おひさまの光を浴びて燦々としている様子のイメージ(言ってない)をお願いしました。

 

女の子の方はとても長いこと迷った。コーヒー豆の香りかいで、フリスク食べてリセットもした。上記の”言ってない”フレーズがその場で伝えられてれば状況はもっと違ったのかもしれないけれど。

イメージ通りのベースが決まって、さらにその子らしさを付加していく段階で、イメージに近くて、それでいて微妙にニュアンスが違う香りが2つあって。でもコレ!ってならなくて。

うんうん言ってる中で、もう一つ組み合わせてくださった香りがドンピシャでした。

ラストノートはとてもお花の雰囲気を残したクリアな清潔感が良き良き良き。

このトップからミドル、ラストまで全部この子だった。ラストに関してはこの子の部屋のにおいか部屋着のにおいって感じ。

幼い雰囲気の、一見甘いに匂いがしそうな子から透明感のある香りがしたらエッチじゃない?彼氏いなかったら出てこない香りじゃない?そういうところまで計算されてるの?

お兄さん天才か?家で自分の腕クンクンしながら一人で感動してた。

 

f:id:umemame8ha:20190519222436j:imagef:id:umemame8ha:20190519221720j:image

・シャイガイ(SHY GUY)湿っぽい草とラベンダーを感じる香り、しぶさあり。やっぱり好き。

・プラネット・ハーツ(PALANET HEARTS)さわやかさがの中にシャンパンを思わせるマスカットの香り。マスカットが好きなのでうれしい。キーワードの香輝心ってのもイイ。

f:id:umemame8ha:20190519222732j:image

こっちが男の子の想定の組み合わせ。

根本的な性格は近いんだけど、こっちの方が女の子の繊細さが薄くて、奔放な感じ。

動物に例えるとゴールデンレトリバー。人懐っこくて物怖じしないタイプ。

背が高くて、程よく筋肉のついた感じ。でも、大人の男にはなりきれてないような幼さが出てるような。

ベースは女の子と同じ香りで、重ねたのはさわやかさが際立つ中に、シャンパンを想起させる白ぶどうのが存在感を発揮してる香り。

 

女の子の方がホントに決まんなかったので、気分転換のつもりで男の子の方も色々伝えて組み合わせてもらったのが一発でキメてきてさ……。思わず大きい声出しちゃった。さすが天才お兄さん…。

念のため別の組み合わせも用意してもらったけど、やっぱりこっちでした。

果物の香りって、若さを感じさせるんだな。って気づいたそんな日。

そう。それでね、こちらは最後にかけてバニラのような甘い香りが強くなっていったのが意外でした。程よい甘さでかったるくないのがとても良い。

ワンコ系の男子から甘い香りがフワッと香ってきたらセクシーじゃん……??彼女と寝たのか?って感じ。いや、彼の彼女は違う香りかもしれないけど。

グリーンベースのバニラってなんかイイ。急に男を感じさせてくる様子。これもやっぱり恋人いないと出てこない色気だよね〜!!

 

f:id:umemame8ha:20190519222514j:image

そして私は、女の子の方の恋人の香りをお迎えしてきたというフォロワーさんのツイートを目ざとく記録していたので、厚かましくも恋人の香りの組み合わせでサンプルちょうだいしてまいりました。

この香りを感じながら、うちの子が恋をしていったのかと思うと涙が出る。この香りを探してしまう長い期間があったのかと思いながら目を閉じると胸が苦しいくて切なくて軽率にしぬ。

ハァ。

(これはネットショップ活用しよう)

 

 

色々後半加速しながらオタク丸出しな語彙力死滅状態でつらつらと連ねましたが、

とにかくね、楽しかったです。

気になってるけどまだ行ったことない!って人は是非、入店の為の整理券をもらいに行ってください!

土日に関しては、入店前に整理券を受け取り、整理券に係れた時間に再来店(時間によってはそのまま入店もあるのでしょうか?)する仕組みです。

優しくて、聞き上手で、素晴らしいスタッフさんが迎えてくださるよ。

 

香りと香りを組み合わせて自分だけの香りを見つけに行きましょう。

 

独り暮らし再開したら、最後に担当してくれたお兄さんが教えてくださった、ルームフレグランスの方法も試してみようと思います。

カップにね、お湯を入れてフレグランスを垂らすだけでいいんだって。

暖かい蒸気で香りも揮発してふわっと香るそう。

 

kaoribarfinca.jp